KW乳酸菌のアレルギー研究結果

KW乳酸菌のアトピーや花粉症に対する研究結果はアサヒのサイトにある

ノアレに含まれているKW乳酸菌が本当にアトピーや花粉症といったアレルギーにいいのか疑問に思っている人も多いと思います。

 

 

KW乳酸菌がアレルギーにいいというのは研究結果がでていて、それをみると安心できる人も多いと思います。

 

【KW乳酸菌の研究結果はこちら】
キリンのKW乳酸菌紹介ページ

 

アレルギーに強い乳酸菌がなぜ効果があるのかというと

 

Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える効果がある

 

からというのが、定番になっています。

 

アレルギーはTh1細胞が少なくなり、Th2細胞が多いから発症すると考えられています。
KW乳酸菌はTh1細胞を増やし、Th2細胞を減らしTh細胞のバランスをよくする効果によって、アレルギーをよくするとされています。

 

実はこれTh2細胞が悪者というわけでもなく、Th2細胞が多いと体の異常に過敏に反応してしまうんです。
アレルギーは、体の中に異常がでたときに過敏に反応したのが体にでたものです。

 

花粉症でいえば、花粉が体内にはいって、過敏に反応してしまい、くしゃみや涙がでるのが花粉症の症状ですね。
細胞バランスが整っている人は、花粉が体内に入っても、過敏な反応はおこさないわけです。

 

他にもKW乳酸菌はスギ花粉のくしゃみを軽減させる効果があるという研究結果があります。

 

 

 

 

 

腸内環境を整えてアトピー改善

アトピーは腸が弱っているからでる症状だと考えられています。
乳酸菌は腸を健康にする効果があるから、アトピーにいいともいわれていますよね。

 

KW乳酸菌は胃酸に強い乳酸菌とされています。
腸まで生きたままKW乳酸菌が届きやすく腸で善玉菌を作り出して、高い腸内環境を整える効果があります。

 

 

ただノアレに配合されているKW乳酸菌が、生きたKW乳酸菌なのかはわからないです。
ヨーグルトに配合されたKW乳酸菌なら、生きていることがわかります。

 

ヨーグルトを作るためには、生きた乳酸菌が必要ですから。

 

 

でも、サプリメントの乳酸菌は、生きた菌ではなくても、死菌でも配合できるんですよね。
なので、サプリメント乳酸菌が生きているのかどうかは、メーカーを信じるしかないと思います。

 

ノアレのKW乳酸菌が生きた菌なのかどうかの記述は、どこにもみられないので…。
微妙なところだと思います。

 

 

 

 

 

キリンと小岩井乳酸菌が見つけ出したKW乳酸菌

ノアレは今現在はヤクルト社から販売されています。

 

 

パッケージをみても、ヤクルトの文字があります。

 

 

でもKW乳酸菌は、キリンと小岩井乳業が見つけ出した乳酸菌です。
ヤクルト社が見つけだした乳酸菌ではない点は注意です。

 

ヤクルト社の乳酸菌といえば、乳酸菌シロタ株が定番です。

 

 

ヤクルトに配合されている乳酸菌は乳酸菌シロタ株。
ノアレに配合されている乳酸菌はWK乳酸菌。

 

種類が違うので注意してください。

 

【KW乳酸菌配合のノアレ一覧はこちら】
ノアレ

 

ノアレの研究結果はいろいろ発表されています。
ノアレは現在ではヤクルトから販売されていますが、以前はアサヒから販売されていました。
研究結果の発表がアサヒのサイトのほうででているのはそのためです。