KW乳酸菌とアトピー

KW乳酸菌を摂取したマウスのアトピー状態が軽減

キリンの調査としてアトピーのマウスにKW乳酸菌を摂取させた群と、KW乳酸菌を摂取させなかった群を比較したものがあります。
その調査結果の画像がこちらです。

 

 

マウスの耳をみてみてください。

 

KW乳酸菌を摂取していないマウスは、耳が赤みがかっており、さらに耳の先がやや傷ついています。

 

一方のKW乳酸菌を摂取したマウスは、KW乳酸菌を摂取していないマウスより耳の色が自然な色をしていて、さらに耳の形も整っています。
KW乳酸菌を摂取したマウスは血中総IgE量の大幅な低下もみられたということで、KW乳酸菌がアトピーに有効だというのがわかります。

 

ただこれはあくまでもマウスでの実験です。
人間も同じようにKW乳酸菌でアトピーを軽減させる効果があるのかどうかは、確実なことはいえないかもしれません。

 

でもこうやってマウスにはKW乳酸菌がアトピーを軽減させる効果があるというのがわかりますから、期待できるところはありますね。
画像でKW乳酸菌を摂取したマウスと、摂取していないマウスを比較するのもわかりやすくていいと思いました。
他のメーカーもこうやって画像で比較してくれると、わかりやすくていいんですけどね。