KW乳酸菌ノアレ花粉症効果

KW乳酸菌はスギ花粉による花粉症の症状を軽減させる

ノアレに配合されている

 

KW乳酸菌は花粉症に効果がある

 

とされています。

 

 

KW乳酸菌は花粉症にどのような効果があるのか紹介します。

 

 

キリンの研究ではスギ花粉に感染させたマウスにKW乳酸菌を摂取させたマウスと、KW乳酸菌を摂取させないマウスで様子をみました。
KW乳酸菌を摂取したマウスは、KW乳酸菌を摂取しなかったマウスより

 

くしゃみや鼻のひっかき行動が少なかった

 

という結果がでました。
KW乳酸菌はくしゃみや鼻のむずむずを防ぐ効果があると考えられます。

 

 

KW乳酸菌を摂取したマウスは、KW乳酸菌を摂取しなかったマウスより、くしゃみの回数や、鼻のひっかき行動が減ったという研究結果がでているよ。


 

花粉症はTh1細胞とTh2細胞が、Th2細胞が優位になってしまうからでる症状だとされています。
Th2細胞が優位になってしまうと、IgEというアレルギーと関係が深い血中濃度が濃くなります。
IgEの濃度が高いと、花粉症の症状がでやすくなるとされています。

 

KW乳酸菌を摂取することでTh2細胞を減らし、Th1細胞を増やす効果があります。
その結果Th1細胞とTh2細胞のバランスが整い、IgEも高くならずにすみます。

 

 

KW乳酸菌はTh1細胞を増やし、過剰に増えたTh2細胞を抑制する効果があるんだ。
これによって、Th1細胞とTh2細胞のバランスを整え、花粉症の症状がでないようにしてくれるんだ。


 

これらがKW乳酸菌の花粉症への効果の研究結果です。
どちらも他のメーカーの乳酸菌の花粉症への効果と似たようなものですが

 

KW乳酸菌と花粉症の関係を研究したことに意味がある

 

わけなんです。
実際のところ、花粉症に効果があると判明していない乳酸菌も、研究や実験をおこなえば花粉症に効果があると判明するものもあると思います。

 

でも研究や実験にはお金がかかるわけです。
その点で、KW乳酸菌は研究や実験にお金をかけられているという点で、信頼ができるといえます。

 

【乳酸菌KW3110株のキリンの研究ページはこちら】
http://www.kirin.co.jp/company/rd/result/report/report_012.html

 

【KW乳酸菌のアトピーへの効果紹介記事はこちら】
KW乳酸菌を摂取させたマウスのアトピー状態が軽減

 

【KW乳酸菌を配合したノアレ紹介記事はこちら】
ノアレタブレットは定番なノアレ
ノアレカプセルタイプは水で一瞬で飲める!KW乳酸菌も腸まで届きやすい

 

KW乳酸菌は花粉症のほかにもアトピーにも有効だという研究結果がでています。。

 

 

花粉症対策にKW乳酸菌を配合したノアレ、おすすめします!
タブレットタイプとカプセルタイプがありますよ。