還元パラチノースで下痢 副作用や危険

還元パラチノースと下痢

還元パラチノースといえば、歯に優しい甘味というイメージが強いです。

 

 

 

 

一般的には還元パラチノースは虫歯の原因にはならないとされています。
自分は虫歯にならないガムとかでも、やっぱり心配になるので物を食べたりした後は歯を磨くタイプですけど。

 

でもそんなことをいったら、歯磨き粉だっていろいろなものが使われているわけで…。
まぁ還元パラチノースに限っていえば虫歯にならないものなんでしょう。

 

 

んで、還元パラチノースを摂取すると下痢になってしまう人がいるみたいですけど。

 

それはなんていうか…。
飴とかガムとか、グミとか、そういうのって食べ過ぎると下痢になるというか、おなかがゆるくなるので…。
その関係だと思うんですけど。

 

 

用は還元パラチノースを配合している食べ物って、食べ過ぎると下痢になりやすかったりします。
還元パラチノースを配合している食べ物には、同時に別の人工甘味料を配合していたりするからなのかな?

 

理由はよくわからないですが。
飴やグミって、食べ過ぎるとおなかがゆるくなると言われているので…。

 

還元パラチノースが下痢の原因と決め付けるのは難しいと思うんですけどね。

 

 

まぁ還元パラチノースで下痢になる可能性はあると思いますけど。
還元パラチノースが原因ではない可能性だってありますよね。

 

いや、過剰摂取すれば甘味料なんてなんでも下痢になるでしょ。
砂糖だって取りすぎると、悪玉菌の餌になって下痢になる可能性はありますからね。

 

 

ただ人工甘味料って、腸に刺激的だったり溶けにくいものもあったりして。
人工甘味料は摂取すると下痢になったりする人っていたりするんですよねぇ。

 

 

 

 

 

還元パラチノースは安全性が高い甘味

ぶっちゃけネットって人工甘味料がすごく嫌われていますよね。

 

 

人によっては
「人工甘味料を配合した製品は買いません!」
「人工甘味料を摂取するとすぐに下痢になる」
とか言っている人も多いです。

 

 

でも還元パラチノースは比較的安全性の高いイメージがあるというか。
存在感が薄いので、あまり注目されていない気がします。

 

スクラロースとアセスルファムKの2つがよく使われていて強すぎて。
還元パラチノースとか注目されていないんです。
いや、自分はそう思っています。

 

 

まぁそういう点で、還元パラチノースはそこまでイメージが悪くないです。
なので、不安に思ったりしなくていいと思います。

 

逆にスクラロースとアセスルファムKといった注目度が高すぎる人工甘味料は。
叩かれすぎで悪いイメージがつきすぎて、摂取すると不安から体調を崩す人が多いと思いますよ。

 

 

まぁそりゃネットでこれだけスクラロースやアセスルファムKにネガティブなことをいわれていたら。
それを知った途端に気分が悪くなったりすると思います。

 

そういう点で、注目度の低い還元パラチノースは精神的負担が少ないというメリットがあります。

 

 

まぁ今の時代、緑茶に含まれるカフェインさえも危険視している人がいますからね。

 

 

まぁ別にそれが間違いだとも思いませんけど。
エナジードリンクなんていうものは、カフェインを沢山配合しているわけですし。

 

でも寿司屋にいって、緑茶を飲もうとしたら
「カフェインがー、カフェインがー」
なんて普通は言わないでしょ。

 

結局知識とイメージの問題なんですよねぇ。

 

 

 

 

 

ガムやグミ、飴を大量に食べるとお腹がゆるくなる

お菓子のガムやグミ、飴って大量に食べるとお腹がゆるくなるといわれています。

 

 

これはありえると思います。
自分の実体験で語ってみると…。

  • ガム⇒お腹がゆるくならない
  • グミ⇒お腹がゆるくなる
  • 飴⇒お腹がややゆるくなる

こんな感じですね。

 

一時期グミにハマって、グミをよく噛んでいたんですが、おなかがゆるくなりましたね。

 

 

ガムは最近もよく噛んでいますけど、下痢になるとかはあまりないかな…。
おなかがゴロゴロ鳴ることはありますが。
それはガムの影響なのか?
唾液の影響かな。

 

飴はたくさん食べたら、口の中が荒れるのでたくさん食べないですね。
硬い飴って、たくさん食べると口の中が切れないか?

 

 

まぁガムって1粒で30分持つので、食べ過ぎるのが無理だからおなかに異常がでないだけかもしれません。

 

 

自分はよくポスカFってガムを噛んでいますけど。
1つで20分〜30分ぐらい持ちますから。
食べ過ぎるってことができないのだと思います。

 

なのでお腹がゆるくなることがないのかと。
もし沢山ガムを口の中に入れればおなかがゆるくなるかもしれませんけど。

 

それをするって馬鹿じゃん。
枝豆を沢山口の中につめこんで遊んだりする子供か?
いや、ガムを沢山口の中に詰め込む理由がわからないです。

 

というか、ガムで下痢になっていたら、メジャーリーガーとか試合中にトイレ行きたくなる人多そうです。

 

 

逆にグミがお腹がゆるくなりやすいのは
【沢山食べることが容易】
だからかと思っています。

 

ガム、グミ、アメ。
この3つの中で、一番食べれるのは間違いなくグミでしょ。

 

ガムは10分。
アメも10分。
でもグミは1分もかからず1個食べれるでしょ。

 

 

グミはどんなに歯ごたえのあるものでも、やっぱり噛んでいると口の中からなくなりますから。
結構量を食べれるんですよね。
その関係でお腹がゆるくなりやすいのかと。
実際自分はグミを沢山食べていたら、お腹がゆるくなりましたからね。

 

でも還元パラチノースを配合したグミってあまり見かけない気がしますけどね。

 

 

あぁ、飴は喉が痛くてのど飴を沢山食べていたら下痢になる人もいるのかも。

 

 

ただ自分はあまりのど飴食べないんですよね。

 

普通の飴は結構口にしますけど。
さっきも書きましたけど、たくさん食べると口の中が切れることが多いので。
多くても3個ぐらいしか食べないなぁ。

 

 

 

 

 

還元パラチノースまとめ

そんな感じで、還元パラチノースと下痢の関係について考えてみました。
還元パラチノースは注目度が低い分だけ、イメージが悪くないのでセーフだと思いますけどね。

 

 

スクラロースやアセスルファムKで下痢になるという人がいますけど。
砂糖でも悪玉菌の餌になって、腸内環境が悪くなりやすいものです。

 

結局スクラロースやアセスルファムKの危険を見たから怖いだけであって。
逆に砂糖の危険を見たら、今度は
「砂糖は怖い!砂糖を配合しているものは買わない」
なんてなってもおかしくないような気もしますけど。

 

イメージというのは大事だってことです。
中国産と明記されているだけで、購入を躊躇する人がいるように。
良いイメージ、悪いイメージによって、不安を持ったりするってことですね。

 

【還元パラチノース配合製品一覧はこちら(amazon)】
還元パラチノース

 

乳酸菌サプリメントのノアレにも還元パラチノースが配合されているのがわかると思います。
噛んで食べる系のサプリメントに還元パラチノースは結構使われていますね。

 

 

還元パラチノースは虫歯にならない甘味ということで、歯磨き粉に使われていたりもします。
いや、歯磨き粉を使っていても、甘いなんて思ったことはないんですけど。
歯磨き粉に甘みって必要なのか?

 

 

まぁなんだ。
還元パラチノースに不安を覚えるのなら、還元パラチノースを配合している製品を買わなければいいだけであって。

 

スクラロースやアセスルファムKと比べると、還元パラチノースが使われている製品の数は少ないので。
問題ないと思いますね。

 

逆にスクラロースやアセスルファムKを避けている人って、そうとう制限されると思いますし。
今後はますますスクラロースやアセスルファムKを使う製品って増えてくるので、大変だと思うんですけどねぇ。

 

 

まぁネットでは
「人工甘味料が使われている製品は買いません!」
と言っている人でも、本当にそうしているのかは不明ですからね…。

 

自分もどちらかというと、人工甘味料どっさりな製品とか買いませんから。
そのぐらいだと思うんですけど。

 

ネット民はとにかく大げさに話をするというか。
新発売の製品とか
「すごいおいしい!」
とか言って紹介しておきながら、やつらはリピート購入はしないでしょ。
知らんけど。