還元パラチノースのカロリー 砂糖の半分

還元パラチノースのカロリー

還元パラチノースのカロリーは砂糖の半分だとされています。

 

 

なのでダイエットに効果的に感じるかもしれませんけど。

 

そもそも還元パラチノースを配合した製品って、大量に食べることを考えられていないというか…。
還元パラチノースを大量に摂取することがないと思うので、あまり関係ない気がします。

 

 

還元パラチノースを配合した製品には、ほかにもいろいろ原材料が使われていると思うので。
まぁ還元パラチノース単品で考えたりしないので、太る太らないとかあまり考えなくていいと思います。

 

カロリーが砂糖の半分と聞くと魅力に感じますけど。
砂糖のほうが手に入りやすいわけで、砂糖のほうを普通に使うと思います。

 

 

 

 

 

還元パラチノースはお菓子に使われている

還元パラチノースは、シュガーレスキャンディや、虫歯予防系のタブレットに配合されています。

 

 

これは還元パラチノースが虫歯になりにくい(ならない?)甘みだからかと思います。
子供向け歯ブラシ粉なんかにも還元パラチノースは使われているので…。

 

 

カロリーがどうとかではなく、虫歯にならない甘みという特徴のほうが魅力かと。
なので人によっては
「カロリーが砂糖の半分で、さらに虫歯にならないのなら還元パラチノースはいいことだらけ!」
と思うかもしれませんけど。

 

砂糖は500gが100円〜300円ぐらい?
スーパーで安売りされている砂糖なら、100円で買えることもあると思います。

 

でも還元パラチノースは500gで500円〜1000円ほどするので…。
やっぱり値段の高さがイマイチなのかな。

 

 

後は味の点がありますね。
自分は還元パラチノースをそのまま舐めたことがないのでわからないですけど。
砂糖の甘みと比べると、落ちるんじゃないかなぁ。

 

どうもアメ細工を作るときに還元パラチノース使われることが多いらしく。
できあがったときに光沢がでるのかな?

 

まぁそんな感じで、普通の砂糖の変わりに還元パラチノースを使っている人はほとんどいませんね。

 

 

 

 

 

還元パラチノースは1g2kcal?

砂糖のカロリーって1gで4kcalなんて言われているので…。
還元パラチノースのカロリーは砂糖の半分ということで、断順に計算すれば
【1g2kcal】
ということになると思います。

 

 

ただやっぱり砂糖の変わりに使うとか、そういうことはしない甘味料だと思うので…。
還元パラチノースのカロリーが砂糖の半分だとしても、関係ない気がします。

 

 

還元パラチノースを配合した製品って、アメやタブレット(ラムネ)みたいなものが多いので。
そういう製品も沢山食べるとお腹がゆるくなって下痢になったりしますから。

 

還元パラチノースはカロリーが少ないから、還元パラチノースを配合した製品を沢山食べるということはしないかと。
まぁ砂糖のカロリー半分だから、たくさん食べるっていうのは、お笑い芸人がよくいう
「デブはカロリーが半分だと倍食べる」
みたいなことにつながっているのでどうかと思います。

 

 

なので
「カロリー0!」
とか
「控えめカロリー!」
みたいな言葉が太る原因になっている人もいると思うんですけどね。

 

 

うちの親もそういう文字を見かけたら、ほしくもないものも
「これなら太らない」
みたいな感じで購入したりしていますから。

 

結局そういうものだって、食べるより食べないほうがいいに決まっていますよね。
結局好きなものを適量食べたほうが太りにくいと思うんだけどなぁ。

 

カロリーを気にする人って
「これはカロリーが少ないから買おう」
とか、カロリーが少ない製品を買いすぎじゃないか?

 

 

還元パラチノースを配合した製品ってそんなに多くない気がします。
だからこそ、還元パラチノースってスクラロースとか、アセスルファムkと比べると悪い評判が少ないです。

 

還元パラチノースって虫歯にならない甘みで、カロリーも砂糖の半分とされていますけど。
やっぱりデメリットもあると思うというか、もっとカロリーが低い甘みだってあるわけですからねぇ。
カロリーを気にする人は、還元パラチノースよりもっと低いカロリーの甘みを求めると思います。

 

 

そして虫歯にならない甘みというのも、他にも結構あるような…。
具体的に名前を出すと歯に良いガムには、キシリトールが使われていますよね。