ノアレ粒タイプ

ノアレタブレットが製造再開へ

ノアレタブレットは一時期製造中止になりました。
でもこのたび再び

 

製造再開

 

となりました。

 

 

ただヤクルトのサイトをみると、どうやら

 

通信販売限定販売

 

とされているので、アマゾンや楽天市場といったショップでしか購入できないのかな?

 

 

でも、元からノアレをドラッグストアで購入していた人は少なかったと思われます。
ノアレタブレットが再び製造されたというのはうれしいですね。

 

 

 

 

 

ノアレカプセルタイプももちろん販売されている

ただ、ノアレカプセルがアマゾンのほうで今現在1029円で購入できます。
ノアレタブレットにする人と、ノアレカプセルを選ぶ人は別れそうな気がします。

 

値段が安いほうがいい人は、ノアレカプセルを選ぶでしょう。

 

 

 

こうやって選ぶことができるという選択肢ができたことはいいことだと思います。

 

KW乳酸菌はタブレットタイプと、カプセルタイプ、好きなほうで摂取できるので自分の好みのほうを購入すればいいと思います。

 

【ノアレ商品一覧はこちら】
ノアレ

 

ノアレはアマゾンで買うのをおすすめします。
値段が安いですし、1個から送料無料ですからね。

 

楽天市場のショップも安いのですが、送料無料にするためには、ちょっと多めに買わないといけないので、ノアレをまとめ買いする人は楽天市場をおすすめします。
楽天市場では爽快ドラッグとケンコーコムのショップでノアレは人気です。

 

 

 

 

ノアレタブレットもノアレカプセルも大体同じ値段に

いろいろと時間も経過して、2016年9月現在はノアレは両タイプとも
1500円
ほどの値段で販売されています。

 

ノアレもじわりじわりと値段があがってきていますね。
正しくは「値下げ率が下がってきている」わけですけど。

 

定価が2100円なのを考えると、1500円というのは25%ほど割引されているのかな。
まだまだ大幅割引なんですけど。

 

昔は40%引きとかだったわけで…。
昔のほうがノアレは魅力的でしたね。

 

 

ノアレの値段がこれ以上あがるのなら、ノアレよりアレルケアのほうを選択する人も増えそうです。

 

アレルケアは2100円からまったく値段が安くなりません。
ノアレよりアレルケアのほうが、まだまだ値段が高いです。

 

でも、似たり寄ったりの値段になると、アレルケアのほうを選ぶ人は多いと思います。