KW乳酸菌ノアレと新ビオフェルミンSの比較

ノアレと新ビオフェルミンS

ノアレは乳酸菌サプリメントですけど。
整腸薬に「乳酸菌の薬」と言われている新ビオフェルミンSがあります。

 

 

 

ノアレと新ビオフェルミンS。
両方飲んだ自分的に、どういう感じなのか紹介しようと思います。

 

 

まぁうちの親は新ビオフェルミンSをずっと飲んでいますね。
いまだにリピート購入して、新ビオフェルミンSを飲んでいます。

 

ただ、ノアレのほうは自分が購入したぐらいで。
そんなに飲んでいませんね。

 

 

それは単に知名度の差だと思います。
新ビオフェルミンSはドラッグストアにいけば、どこにでも売っている感じなのに対して。

 

ノアレはドラッグストアにおいていないショップが多く。
通信販売を利用しないと買えないというか、amazonや楽天市場で探さないとノアレの存在自体知らない人が多そうです。

 

なので、一般的には新ビオフェルミンSのほうが売れているかと。

 

 

 

 

 

効果について

ノアレはKW乳酸菌を配合しています。
このKW乳酸菌は花粉症やアトピーなどアレルギーに強い乳酸菌だとされています。

 

 

なのでノアレは、花粉症が流行する時期あたりに購入している人が多いです。

 

 

一方の新ビオフェルミンSは整腸薬ということで。
3種類の乳酸菌を配合していますけど、それはおなかの調子を整えるために飲んでいる人が多いです。

 

 

3種類の乳酸菌は

  • ビフィズス菌
  • フェカリス菌
  • アシドフィルス菌

この3つですね。

 

うちの親も便秘対策として新ビオフェルミンSを飲んでいますけど。
特定の効果を期待しなくても、おなかのことを考えて毎日飲んでいる人も多そうです。
最近は腸を健康にする重要性が注目されていますからね。

 

 

なので効果の方向性として

  • ノアレ⇒花粉症やアトピーなどのアレルギーへの効果
  • 新ビオフェルミンS⇒腸内環境を整える便秘などの効果

こんな感じになりそうです。

 

ただ実際はどちらも乳酸菌ですから。
腸を健康にしてその結果、アレルギーへの効果や便秘改善効果があるわけですから。

 

ノアレで便秘が改善することもあると思いますし。
新ビオフェルミンSを飲んでいたら、花粉症の症状がでなかったということもあると思います。

 

乳酸菌との相性も関係しているので。
実際のところは、飲んでみないことにはなんともいえませんね。

 

 

 

 

 

どちらがおすすめ?

あくまで自分の主観というか、イメージでしか過ぎませんけど。

 

乳酸菌の質という点では、ノアレのほうが上かと思います。
KW乳酸菌を配合していますからね。

 

 

ただ断続して飲んでいくのなら、新ビオフェルミンSのほうかと。
評判が良いのも新ビオフェルミンSのほうですね。

 

 

人間人気の製品のほうが興味がわきますから。
なんとなく乳酸菌を摂取したいとか、おなかの調子が気になるとかなら、新ビオフェルミンSのほうをおすすめします。

 

【新ビオフェルミンSの口コミはこちら】
新ビオフェルミンS口コミ

 

新ビオフェルミンSは通信販売を利用しなくても。
ドラッグストアやそれなりに大きな薬局なら購入できるはずです。

 

 

チラシでもちょくちょく掲載されていますし。

 

 

でもノアレになると、通信販売を利用しないと購入が難しいと思います。
知名度的にもノアレのほうが低いと思うので…。

 

ノアレを購入する人は、花粉症対策などの目的がある人に限定されそうです。

 

 

両方買うのもいいと思います。
乳酸菌は断続して摂取することで、腸内環境も整いやすくなるというか。
断続することで効果を実感しやすいとされています。

 

 

なのでノアレと新ビオフェルミンS。
両方購入しても、損とか無駄とかはないと思いますね。

 

どちらも噛んで食べれるタイプということで。
まぁ粒の大きさには差がありますけど、手軽に乳酸菌を摂取できる良い製品だと思います。
子供から大人まで好めると思いますよ。